Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【1ヶ月目】兼業から、専業アフィリエイターになって感じたこと

アフィリエイト

 

最近の趣味は、pocket(ポケット)で面白い記事を入れて、散歩しながら聞くことです。

こんにちは。Kです。

 

アフィリエイトは奥が深く、日々勉強、勉強と感じている毎日です。

2017年7月から本格的に、兼業⇒専業アフィリエイターになりました。

 

このわずか、20日(投稿日:2017年7月19日)足らずで兼業と専業の違いをまざまざと感じたので書き記したいと思います。

専業には、『見えない壁』がある

『見えない壁』というのは、実際どういうものかというと、

 

  • 兼業:『少ない限られた時間内で成果を出す』

 

労働時間は、1日多くても、4時間程度。本業の収入があるから、自由に楽しくアフィリエイトをやる心構えがある。

 

  • 専業:『時間を最大限に利用して、最大の成果を上げる』

 

労働時間は自分のやる気の問題にかなり左右されてしまう。本業が、アフィリエイトなので例外的に、過去記事が爆発することを除けば、労働をしなければ、成果は増えていかない。気分転換をすることや、モチベーション管理もかなり重要になってくる。

 

【頭の中】

兼業の時:仕事はいつも、4時間しかなくて、仕事超楽しい!記事を書いてこんなに収入もらえるの!??なら、もっと働けば単純に4時間⇒10時間(2.5倍)の成果が得られるのでは?わーーーい!わーーーい!

 

専業の時:10時間も記事ばかり書いていると、頭がバグりそう・・。最近、夢にも成果報酬の夢を見たり、いつなんどきもアフィリエイトが頭から離れない・・。今日の成果報酬によってやる気スイッチがあったり、なかったり・・。

 

【実際に兼業⇒専業になってみての感想】

頭の中でも、わかるように、兼業時のイメージと、専業時の現実とでは、物凄い『ギャップ』が生じている。そのギャップこそが、自分の中の『見えない壁』化し苦しませている原因のようです。

 

PS.本日(2017年7月19日)専業になり、専門的なサイトを1個立ち上げました。そのサイトから、初報酬が入りました。ニンマリ

アフィリエイトは、自分が苦しい時に『成果報酬』と形でやってくることが多いように感じます。

 

よし!頑張ろうと感じた朝でした。

 

【余談】

たまに、こんなことも考えます。

自分の作ったサイトがもし、作っていなかったら今日のように、自分のサイトから利用してもらった人はどこに行っていたんだろうとか意味不明なことばかり考えています。

タイミング(運)って物凄い大事だと思うし、正直タイミング(運)が人生の全てじゃないのかなとか思っちゃています。

コメント