Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて・感想レビュー

考え方

本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて  | Amazon

 

どうも、Kです。

本日は、『本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて』を読んでみて感じたことを書いていきたいと思います。

興味がある分野だけ読んだので、他の読まれた方と視点が違うと思います。

簡単に説明すると、この本の著者は本物のお金持ちなので、著者の成功例はもちろん、

こうしとけばもっとよかった(失敗談)などをありのままかかれており、『お金持ち心構え』『経営者としての目線』とストーリー性があって飛ばし読みではありますが、読みやすかった印象です。

 

 

この本では、本物の経営者が経営者目線で話しており、経営に必要な、

『考え方』『資金調達』『人』について詳細に記載されておりましたが、『考え方』が

興味深い内容でしたので、ご紹介します。

 

主に感じた内容:

  • 年齢・行動について
  • 能力について
  • タイミングの重要性

年齢・行動について

この本では、『失う物が少ない人ほど成功する確率は高い』ということが話されています。

若い人ほど、この失うもの(地位(名誉)・生活水準(お金)・家族)が少ない傾向があり、

大失敗してもいい期間になります。この大失敗してもいい期間を逃して月日が過ぎ、失う物が増えると、挑戦しにくい環境になっていくと述べています。

 

若いころ挑戦するメリット(頭の中空っぽ=吸収が早い!):

  • 時間がある=知識取得ができる
  • 体力がある
  • 知識習得

【若い頃何かに挑戦うえで、必要な(知識習得・時間・体力)=『行動力』の基礎がある。】

 

若いころ挑戦するデメリット:

  • 何かに没頭することは時間を失う

【失敗してしまう可能性もありますが、それ以上に若い頃の時間はもっと重要!

 

能力について

 

著者は、実際に本物の経営者で、いろんな人を見てきたと述べています。

その中でも、

  • 学歴がある
  • 頭がよい
  • 金持ち

お金持ちになる上での必要要素を満たしており、お金持ちに必要な要素としても紹介されそうですが、実際はそういう【肩書ある・常識人】ほど、固定概念が強く大きく儲けることが難しい人だと述べています。

 

著者の方も、当時パソコン情報雑誌を作ろうとして、周りに意見を求めると、そんな物は売れるわけがないと一蹴(イッシュウ)されたそうです。

話はこれで終わりではなく、

ライバルが、パソコン情報雑誌を世間に出そうと言う段階でかなり好評だったらしく、著者はそのライバルに権利を高額な金額で購入しており、【周りの意見に流されず】に言たら、と後悔していたようです。

 

頭がいい・肩書ある・常識人が必ずしも、全て正しいわけではない!

 

 

例:優秀なAさん・一般的なBさんの話【投資話】をすると、

 

優秀なAさんは、一般的知識も豊富で専門性が高いのですが、それゆえに効率のいい投資先ばかりを探してSという投資もいい、Bという投資もいいと結果情報に振り回されて、最初の位置から全く動いていないどころか、知識習得は積極的に深めているので、セミナーなどにも通い出費だけが増え、『おたまでっかち』利益はでていないが、頑張っている自分になぜか満足してしまっている。

(例:5年前通っていたセミナーに久々に行ってみたら、顔ぶれが変わっていなかた。)

 

一般的なBさんはと言うと、特にこれといった突き出る能力はありませんが、それゆえに1つのことをコツコツ学びます。セミナーなどにはほとんど参加せずやりたい事を失敗しては、挑戦⇒発見⇒挑戦⇒発見を繰り返し、投資で失敗して出費は出ているもののその失敗から、『発見という情報が有益な情報』に変わり、その後将来の利益に対してプラス(+)になっていることは明らかです。

タイミングの重要性

GKがその試合におけるヒーローになるうえで必要な方法(要素)は?

  • 相手チームが強く、何度もゴールネットを揺らしに来る相手
  • チームが1人退場していて、相手よりも1人少ない人数で戦わなくてはいけなくなった。
  • PK戦になり、相手が枠の難しい所に何度も蹴ってきた。

この要因は、全て『外的要因』になります。

 

内的要因は?

 

GKの日々の練習・経験の積み重ねの成果

心身ともに健康状態が良好(健康管理がしっかりしていた)

 

内的要因だけをいくら頑張った所で、現状は目に見える形では変わらない。

タイミング(トレンド)であり、そのタイミング(トレンド)によって、自分の常識を超えるくらいの恩恵を受けることができる。

 

内的要因を磨くこと(能力向上)したら、定期的に外的要因とは何かを考え、その方法で挑戦していくと自分の常識を超えるくらいの恩恵を受けることができるかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント