Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【最短4分】ヤフオクに出品を早く行う方法・お得な利用方法をご紹介します!!

ヤフオク

日本最大級のネットオークションサイト『ヤフオク』

 

どうも、Kです。本日は、ネットオークションサイト『ヤフオク』で出品を早く行う方法・

ヤフオクで商品を売る・買う際のお得な利用方法をご紹介いたします。

 

【最短4分】ヤフオクで、出品を早く行う方法

↑実際に、計ってみた所ほぼ、『4分』ピッタリ!!

動作環境
  • スマホより、PCでの出品がオススメ!

では、早速やり方をご紹介したいと思います。

 

1.オークション > 出品:カテゴリ選択> キーワードから選択する(出品カテゴリ検索)

キーワード『出品したい商品名』>検索をクリック!

 

2.商品検索の結果( 似ている商品からカテゴリを選択する )を選択

商品検索の結果( 似ている商品からカテゴリを選択する )>

『出品したい商品』と似ている商品のカテゴリを確認後、『このカテゴリに出品』をクリック!

 

ここまでで、出品する商品のカテゴリーを選択する事まで終わりました。

これからは、出品するための詳細設定をしていきます。

例を出しながら、わかりやすく説明していきます。

  • タイトルの付け方
  • 商品説明の書き方
  • 販売方式はどうしたらいいのか?
  • 価格設定はどうやって決めればいいのか?
  • 商品の状態について

タイトルの付け方

タイトルの付け方に特に決まったやり方はなく、ユーザー(利用者)がヤフオクで検索するキーワードに引っ掛けるためのタイトルになります。

ユーザー(利用者)なら、この商品を探しているときどういうキーワードで検索してくるのかを考えます。

 

一般的にタイトルに入れる必要があるキーワード:

  • 商品名
  • 商品の状態
  • 送料無料なのか?(※1)

(※1)送料無料なら、送料無料もタイトルに入れることで、同一商品を販売しているライバルとの優位性になりますので、送料無料設定をしているなら、タイトルにもきちんと表示しましょう。

 

でも、なんだか難しそうという方は、過去に同じ商品を出品した方の情報を参考にして見るのもいいでしょう。

ヤフオク! 『落札商品検索』

商品説明の書き方

商品説明の書き方には、特に決まった形式はないですが、ユーザー(利用者)に購入するメリット・デメリットを簡単に買いてみるといいと思います。

こちらとタイトルに対しての詳細情報になります。

 

一般的にタイトルに入れる必要があるキーワード:

  • 商品名
  • 商品の状態
  • 送料無料なのか?(※1)

こちらも同様に、書き方がどうも、わからないというのであれば過去に出品した商品を参考にしてみるのもいいかもしれません。

ヤフオク! 『落札商品検索』

販売方式はどうしたらいいのか?

販売方式は、『オークション形式』・『即決形式』かのどちらかになります。

これは、意外に重要で商品によっては、即決形式のが高く売れる場合がありますし、その反対も同様にあります。

 

例:『オークション形式』:

・商品の数が少なく、市場に配布されているのが現時点で少ないなどの場合は、オークション形式でやる方が、欲しい方達で競争が行われるので、高く売ることができます。

例:『即決形式』:

・商品が今すぐ欲しい商品などの場合は、高く売れる場合があります。例えば、商品ではなく、ANA株主優待券のコードなどは、購入しようとしている人は、今から飛行機に乗る為急いで、落札しようと考えています。(スピード重視)そういう商品には、即決価格を設定することで、通常のオークション形式に比べると割高な金額でも売ることができます。

価格設定はどうやって決めればいいのか?

自分自身の目利きだけでは、商品の価値を図ることが難しいです。

価格設定に関しては、過去の『落札価格相場』を参考にされたほうがいいと思います。

 

相場よりも高く売ってしまった場合:

  • 商品が売れない
  • 売るのに時間が掛かる

相場よりも安く売ってしまった場合:

  • 相場価格を知らないだけで、損をしている
  • 売れた後に、気づいて不快になる。

商品の状態について

商品の状態については、『ありのまま』を伝えられた方が後々、トラブルにもなりませんので、スムーズに取引ができます。

個人の主観は絶対に入れない!客観的に考える。

これは、初心者の方がよくやりがちなのですが、私的には、結構綺麗に見えるから、新品と書いておこうというパターンがあります。

その結果、出品者と落札者の間で、商品の状態に対して、情報の相違が生じてそれがトラブルになる可能性が高いです。

この場合の適切な対象方法としては、綺麗に見えるではなく、利用した回数などを詳細に書くことで、落札者の方もある程度商品の状態を想定してから購入をするので後々大きなトラブルにならずにすむのです。

 

商品の状態のトラブルは個人売買の中で、一番注意する必要があると私は感じています。

 

いかがでしたでしょうか。

この方法で、商品を出品すれば、無駄に悩まずに出品ができるので、オススメです。

 

ヤフオクで商品を売る・買う際のお得な利用方法

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ヤフオクをよく利用する方程お得!!オススメのポイントサイト『ハピタス』をご紹介します。

このポイントサイト『ハピタス』を利用することで、ヤフオク!(出品)するだけで、1%ポイントバックサービスがあるのです。(※繰り返し利用OK)

 

この仕組みは、このポイントサイトからリンクを踏むことで、ポイントが入る仕組みになっており、ヤフオクの出品の仕方などは何も変わらないので、逆にやらないと損に感じてしまうレベルです。

 

出品・落札のどちらもあるので、ヤフオクでの買い物が多い方は本当にどんどん貯まりますので、まだ利用していない方は、利用してさらにお得にヤフオクライフを楽しまれて見みたらいかがでしょうか。

 

↓この方法で、Amazonギフト券をゲットしました。↓

換金方法:490pt⇒Amazonギフト券(500円分)

 

コメント