Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アフィリエイトの需要と供給について考えてみた。

アフィリエイト
どうも、Kです。
ふと、これまでに書いてきた記事を読み返していると、私は、節約系記事が多いなぁと感じました。
節約記事って結構有益な記事だと感じているのですが、記事を読む人の思考回路が全く違うということを気づきましたのでまとめてみました。

お金持ち(情報強者)の考え方

ネットは有益な情報がたくさんだー。
情報をお金にどんどん変えていくぞー。
優先順位:
  • 1位 投資(お金をお金で増やすぜー)
  • 2位 節約
  • 3位 消費
自分なりの解釈が入っており世の中と相違がある可能性があります。

貧乏(情報弱者)の考え方

調べるのめんどくせーー。
貧乏(情報弱者) の方の思考回路はどうでしょうか?

 

優先順位: 
  • 1位 収入を増やす事(労働してコツコツ貯めます)
  • 2位 消費
  • 3位 節約

 

僕が書いた節約記事は、確かに有益な情報とします・・・。
でも需要という面で見ると、本来見てほしい貧乏(情報弱者)の目に留まる事はなく、

 

むしろ、時間に余裕がある一部のお金持ち(情報強者)のみの市場しかなく、情報強者は常に最新の情報に触れている為、僕が書いた節約記事も読み手にとっては、

 

古臭い情報にしか見てもらえないのかもしれないと考えると、
私の考えは、ネットを利用するユーザーの価値観とは相反している記事を大量生産しているということになる。

 

そうすると、やはり投資系記事の方が抜群に稼げる分野になるのだと専業3か月にしてようやく気がつきました。

 

というか、貧乏(情報弱者)>お金持ち(情報強者)よりネットを使いこなさなければ
ならないのに、

 

世の中の構図は、貧乏(情報弱者)<お金持ち(情報強者)

 

お金に余裕がある=時間に余裕がある=沢山の有益な情報に触れることができる。

 

なんとも、皮肉な世界だと感じた反面、お金持ちが喜んでもらえるアフィリエイト(サービス)を提供することができれば、こちら側もうまうまを味わうこともできるということでもあるので、改めて、ユーザー選びは非常に大切だと感じました。

 

なので、これからは視点を変えて、節約⇒投資的目線で記事を作成していこうと思います。

 

投資といっても、等価交換のように、情報商材などではなく、困っている人に丁寧に商品の良し悪しをお伝えすることができれば、自ずと結果はついていくだろうと信じて頑張ってみます。

 

なんか、言いたかった一言!!↓

 

人は誰しも、コンプレックスを持って生きているもの、
毛が無くて困っている人もいれば、毛があって困っている人もいるという不思議。。。

 

★武井壮の需要と供給のはなし★

コメント