Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【攻略法】ハウステンボスに行ってわかった!効率的な周り方を大公開!

旅行

【攻略法】ハウステンボスに行ってわかった!効率的な周り方を大公開!

 

久々の更新になります。

更新できない間、色々ありましたので記事にしてどんどん公開していきます。

 

早速ですが今回は、”ハウステンボスに行ってわかった!効率的な回り方“に

ついてご紹介していきます。

事前に決めておくこと

  • 何時から、ハウステンボスに行くのか?
  • 乗りたいアトラクションを決める!
  • アトラクションに乗るのを待つ時間はどれくらい耐えれるか?

何時から、ハウステンボスに行くのか?

 

ハウステンボスは、基本9時~営業が開始になります。

なので、30分前の8時30分までに行けば、スタートダッシュは完璧だと判断されます!

 

乗りたいアトラクションを決める!

 

ハウステンボスに入園して、パンフレットを見てアトラクションを決めていてはどうしても、

出遅れてしまいます。

 

なので、事前にハウステンボスのパンフレットを見てどこのアトラクションに乗りたいか?

またどのエリアにそのアトラクションがあるのかを把握しているとスムーズに楽しむことが出来ます。

 

豆知識①

VRのみのアトラクションに関しては、1回の参加できる人数が多い為、比較的待つ時間が少ないようです。

最初からVRのアトラクションに行くのは、あまりオススメできません。

 

※人気アトラクションの判断基準としては、”初回のみ”と記載があるアトラクションについては人気が高いと判断してよさそうです。

例:

  • VR-KING
  • シューティングスター
  • 釣りアドベンチャーetc..

ハウステンボスガイドマップ

アトラクションに乗るのを待つ時間はどれくらい耐えれるか?

ハウステンボスでは、【初回のみ】の人気アトラクションなどは、

150分待ち“などが発生することがあります。

待ち時間をみて、待ちたくないと思い次のアトラクションを見に行っても、待ち時間が長いと結局アトラクションに1つも乗れず全く楽しめないということが起きる可能性が多々あります。

1つのアトラクションに1,2時間は絶対待てない!っという方は、『クイックパス』を手に入れましょう!

対象施設を利用者のみしか手に入らない『クイックパス』優先券

ハウステンボスのアトラクション優先入場券は、『クイックパス』という券が存在します。

この、クイックパスってお金を払えば買えるのかと思っていましたが、このクイックパス優先券は、”対象施設を利用者のみしか手にできない貴重な券“なのです。

 

対象施設:

ホテルヨーロッパ

フォレストヴィラ

ホテルアムステルダム

【効率化】様々な方法で効率的に回る!

自転車を借りて、時間短縮を行う!

ハウステンボスの中には、自転車のレンタルサービスがあります。

ハウステンボスは、エリアの間隔が広い為歩いて移動しているとどうしても、

時間と体力が奪われてしまいます。

 

せっかく遊びに来ているのに、時間が足りない・疲れて動きたくないetc..にはなりたくないですよね!

そんな人は、お金を払ってでも自転車レンタルがオススメです。

また、自転車レンタルサービス以外にも、セグウェイのレンタルサービス・ゴルフカートでハウステンボス1周サービスなども行っているようです。

複数のアトラクション待ち時間を確認する!

 

これは、参加する人が沢山いたらこんなことも出来るのでは!?と感じことです。

 

ハウステンボスのアトラクションの混雑状況は、実際にアトラクションの前まで行かないと待ち時間・混み合い状況がわかりません。

 

そのため、一緒に行く人がたくさんの場合は、別々のアトラクションに行って情報を共有して、時間が短い所に皆が集まるという感じでできるのでは?と考えたりしていました。

 

ハウステンボス側が待ち時間を教えてくれるアプリのようなのを有料で販売しればめちゃくちゃ便利なのになぁ~と思ったりしていました。

まとめ

 

実際に、ハウステンボスを行った感想としましては、

行く前に相当ハードルを上げてしまっていたため、

実際行ってみるとこんな感じなんだぁ~(‘_’)と感じました。

 

 

個人的には、VR系よりは、アドベンチャー系が面白かったです。

アドベンチャー系が豊富になったらまた行ってみたいと思います。

 

コメント